文字サイズ:

好きなもの

オススメ本【スターバックスの秘密 】スタバ好きのあなたに!

投稿日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ(@Fukurou_Japan)です。

 

今回はスターバックス関連の本です。

スターバックスのビジネスモデルがどうこうというビジネス系の本は多くありますが、そうではなく、単に『スタバ好きの人が知っているとより好きになりそう』なお話がいろいろと載っています。

 

 

 

 

 

 

オススメ本【スターバックスの秘密 】スタバ好きのあなたに!

 

あなたはスターバックスはお好きですか?

 

 

私は結構好きです! でもあまり行きませんけど笑。

 

カフェに行く機械があればスターバックスを選択しています。

 

コーヒーが激ウマというより、雰囲気がいい感じなんですよね。

 

あとは客層も。MAC広げてドヤっている人は置いておいて、品の宜しくないおじさまとかうるさい若者とかがあまりいないのでその点が良いですね。

 

ベローチェやドトールなど、価格が安くなってくると客の質がちょっと変わってきますし。

 

 

 

ということで今回はスターバックスに関しての色々な情報が載っている本のご紹介です。

スターバックスの秘密 桜川麗子 (著)

 

2013年の本で少し古いですが、スターバックス好きの人でしたら読んでいて面白いと思いますよ!

 

では、説明と目次をご紹介した後で感想を述べたいと思います。

 

内容

◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*
スターバックスの秘密 大公開!!

ええっ!!あのスターバックスの秘密を大公開!!
人気のスタバの誰も知らない本当の話し。
都市伝説からオトク情報まで一挙大公開!!
◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*

これで貴方もスタバ博士だ!!
こっそり読んで友達に自慢しちゃおう!!

◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*

 

 

続いて目次です。

目次

第1章  スターバックスの歴史

■ 1 スターバックスのルーツ
■ 2.スターバックスの誕生
■ 3.創業者の意外な職業
■ 4.スターバックスを世界企業へと育てた男
■ 5.そして現在のスターバックスへ
■ 6.スターバックス危機からの再生
■ 7.シュルツのもうひとつの顔
■ 8.幻の日本第1号店
■ 9.サザビーリーグとは
■10.店名の由来
■11.ロゴの由来
■12.ロゴの変遷

第2章  日本各地のスターバックス

■ 1.スタバ数とは?
■ 2.スタバのない県
■ 3.スタバ誘致の署名でできた長野駅前店
■ 4.世界一値段の高い関空のスタバ
■ 5.売上高世界一の店舗
■ 6.梅の花が香るスタバ
■ 7.愛犬連れで入店できるスタバ
■ 8.漫画家 横山隆一の邸宅跡地にあるスタバ
■ 9.ガラス越しに六角堂を眺められるスタバ
■10.蔦屋書店併設のスタバ

第3章  世界各地のスターバックス

■ 1.スタバ史上もっとも値段の高いコーヒー
■ 2.スタバ第1号店のマスコット
■ 3.スタバ第1号店と日本の意外な関係
■ 4.アメリカ版タイガーマスク?
■ 5.アンチスタバのステッカー
■ 6.日本にはない超巨大サイズ!
■ 7.中国のスタバは中国風
■ 8.中国スタバはコーヒー店じゃない?
■ 9.紫禁城にスタバ
■10.韓国スタバの悪魔の飲み物
■11.ロシアの世界一可愛いタンブラー
■12.パリのスタバのラテはひとあじ違う
■13.アイスコーヒーのルーツ
■14.スタバのフランス進出
■15.名前を聞かれるフランスのスタバ
■16.スタバのない国イタリア
■17.世界一美しいスタバ
■18.セイレーンが描かれていないロゴ

第4章  スターバックスちょこっと雑学

■ 1.お金をかけずに宣伝
■ 2.スタバのデジタル活用術
■ 3.無料でネットがつなぎ放題
■ 4.トールラテ指数とは?
■ 5.タモリも疑問?サイズの名称
■ 6.ショートばかりの注文が続くとスタバが潰れる?
■ 7.スタバのお得な利用法
■ 8.ドリンク1杯無料の当たりレシート
■ 9.ソイラテのコーヒーはどこへ?
■10.カフェオレとカフェラテとカプチーノの違い
■11.世界一値段の高いドリンク
■12.ドリンクはサイズによってコーヒーの濃さが違う
■13.バリスタはブラックエプロンを目指す

第5章  スターバックス都市伝説

■ 1.ロゴに隠された叫び
■ 2.フリーメイスンとスタバの関係

◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*

 

いかがでしょうか?

 

なにやら目次見ただけで面白そうな感じしませんか?

 

リーマンショックの時に実は結構経営がやばかった・・とか、創立者のひとりがアップルのジョブスのようにCEOに戻ってきてまた経営が安定してきたとか、実に興味深い内容が多いです。

 

スターバックスがイタリアに存在しないというのも興味深かったですね!

 

2018年の9月にミラノにオープンしたようですので今はそうではなくなっていますけどね。

 

 

 

企業の歴史とかロゴマークの変遷なども見ていると楽しいです。

 

ロゴマークの変遷はこんな感じのようです。

引用元:スターバックス ロゴの意味

 

3代目のロゴが良かったとの意見が多いようですが、私は現在のロゴのほうがほっこりして良いですね。

 

内容はそんなに長くなく、1時間で読める程度ですのでスタバでこの本を読んでみるのはいかがでしょうか?

 

kindleunlimitedですと無料で読めますので会員の方はぜひどうぞ!

 

 

 

まとめ

 

スターバックスに関する本を探してみると結構あるんですよね。

 

それほどスタバに興味がある方が多いのでしょうね。

 

と言ってもほとんどビジネス書の類なので、広告もなしにあれほど発展させた理由がどのようなところにあるのかを知りたい人が多いのでしょうね。

 

スタバは決してリーズブルとは言えませんが、行くといい感じに落ち着ける点が良いですよね。

 

今回ご紹介した本を読んでスタバのことを更に知って、今後もスタバライフを楽しんでくださいね!

 

それではまた次回!

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-好きなもの
-, , ,

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.