文字サイズ:

支払い

LINEPay【Payトク祭り】であれもこれも20%還元!現金での支払いではもったいない!

投稿日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ( Fukurou_Japan)です。

 

今回はLINEPay(ラインペイ)のお話です。

 

支払いを受ける側ではなく、支払う方のユーザーがお得になる件です。

 

今回の20%還元はLINEPayカード使用でも対象になります。

 

つまりクレジットカードが使えるところならどこでも20%オフと言ってもよい、ということです。

 

使わないと相当損をしますよ!

 

 

 

 

 

 

LINEPay【Payトク祭り】であれもこれも20%還元!現金での支払いではもったいない!

 

LINEPayは大体、月の後半に20%ポイント還元を行っています。

 

その際には間違いなく使いまくったほうお得です。

詳細は上記ページで確認できます。

 

LINEを使っているのにLINEPayでポイント還元を使っていない人はどういう人なのか、またどのように損をするのかご紹介しましょう。

 

まさかアナタは該当しませんよね?

 

 

 

LINEPayを使用しない人はどんな人?

 

・イマイチ仕組みがわかっていないから手を出していない

→だいぶ損をする

 

・登録しようとしたが途中で挫折した

→ネットにいくらでもやり方が書いてある。それすらできないならやめたほうがよい

 

・いまいちメリットがわからない

 

・登録をしてみたが、使える場所が少ない

→LINEPayカードを使えば解決

 

・どのように損をするのか?

→現金や電子マネーで払っているものの殆どが20%還元されるというイメージ

 

 

 

だいたいこのような感じだと思います。

 

メリットがわからない・・ということよりどのように損をするのかを理解したほうがわかりやすいと思うので、ここからはその点についてご説明します。

 

例えば会社員の方の一日の行動を見てみましょう。矢印部分はLINEPayを使った場合の還元額です。

 

・朝食をスタバで軽く摂る。700円

→140円還元

・お昼は近くのインドカレー屋で食べる(ナンはもちろんおかわり)1000円

→200円の還元

・仕事が終わって帰りにスーパーに寄る。2000円

→400円還元

 

こんなに使わないかもしれませんが、現実的にありそうな行動パターンですよね?

 

この場合は、現金や電子マネーで支払うと一日あたり740円の損になりますね。これが毎日続けば相当を損することがわかると思います。。

 

LINEPayの現在のキャンペーンでは通常5000円まで(アンドロイドを使っている場合はMAX10000円まで)の還元があるので、キャンペーン期間中は50000円まではLINEPayを使ったほうがよいということになります。

 

たまに『クレジットカードでポイントが貯まるから~』と眠たいことを言う人がいますが、そのポイントで結局商品を買うんですよね? でしたらLINEPayで20%還元を受けたほうがよっぽど良いと思いますよ。

 

LINEPayの還元を使わずに、お店やネットショップで『一円でも安いものを探す!』という行動はやめましょう。

 

賢いやり方は『LINEPayを使った上で1円でも安いものを探す』です。

 

そうすれば安い商品をさらに20%で買えることとなるのでお得感はアップするわけです。

 

夜8時のスーパーのお惣菜。2000円のお寿司が半額!! さらにLINEPAYカードを使えば20%還元! →800円で食べることができた(^o^) となります。

 

 

 

具体的にどうすればよいのかわからない場合はこちらを参考に

 

LINEPayとかLINEPayカードがよくわからない場合は、何も考えずに以下に従ってください。

 

・LINEを開きLINEPayに登録する。コード払い などと書いてあるところ

・登録時に銀行口座の指定があるので登録する

・これだけでQRコードで決済するための準備は完了

・次にLINEPayカード(物理的なカード)を申請する

方法はこちらを参考に。

外部サイト:LINEPayカード登録方法

・一週間ほどしたらLINEPayカードが届くので認証作業をする。この時点でLINEPayカードもつかえるようになる

・LINEPayには銀行口座からチャージしておく

 

 

 

実店舗での使用例

・LINEPayQRコード決済ができる店舗 → QRコード決済を使う

・QR決済が出来ない店舗→LINEPayカードを使用し(クレジットカード払いで)と店員に伝えてLINEPayカードを渡す

 

ネットショップでの使用例

・決済時に(クレジットカード)を選択し、LINEPayカードに書かれている番号や有効期限などを入力するだけ。これでLINEPayカードを使用しての決済が完了する

 

だいたいこんな感じですね。

 

いろいろな場面で使えることがお分かりいただけたかと思います。

 

LINEPayはJCBのマークがついているので、JCBが使えるところでしたらどこでも使えます

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

原理もメリットも何もわからなくて良いので、とりあえず私の説明したとおりに行っていただければあとからどれだけお得かがわかると思います。守破離ですよ、シュハリ。

 

LINEPayカードは届くまでに一週間ほどかかるので、この記事をご覧になったら即、カード発行依頼をすることをオススメします。

 

LINEPayは登録費用も月額費も決済手数料も全くかかりません(今のところは)。

 

ですので使用しないと損ですよ!

 

キャンペーンがしばらく続くと仮定すると、年間で10万円分ぐらいはポイント還元される可能性があります。

 

さらに支払いを受ける方の手間も省くことができます(現金の計算が不要なので)。

 

ということで支払い側、支払われる側、どちらもハッピーになりますので、ぜひLINEPayを使ってみてくださいね!

 

それではまた次回!

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-支払い
-, , , , ,

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.