文字サイズ:

グッズ類

思い出のカセットテープがPC無しで簡単にMP3にする機器があった!

投稿日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ( Fukurou_Japan)です。

 

カセットテープ。懐かしい響きですね。

 

 

今リバイバルが来ているようですね。100円ショップにカセットテープが置いてあってびっくりしました。

 

 

 

では本題。

 

自宅にあるカセットテープをデータ化できたらな~と思ったことはありませんか?

 

簡単に実現してくれるツールがありますので今回はそちらをご紹介します!

 

 

 

 

 

 

思い出のカセットテープがPC無しで簡単にMP3にする機器があった!

 

今回記事にした理由はこちら。

『カセットテープをパソコンに簡単に取り込みたいという需要は結構あるが、やり方がわからない方が多いのではないか?』

このように考えたからです。

 

ネットで調べれば、デジタル化の方法はたくさん出てくるとは思いますが、USBで接続してうんちゃら、マイク・ヘッドフォン・LINEの端子のLINEに接続してうんちゃら・・というものが多くてわけがわからん! という方も多いと思います。

 

特に、カセットテープを使っていた世代というと結構年齢も高めだと思いますので、操作が不明というのは非常にありがちなことでしょう。(と言いつつ私のその世代なのですが)

 

 

 

そこで!

 

今回ご紹介する商品を使えば簡単にUSBメモリなどにMP3として保存ができます!

 

こちらを使って一気にデータ化してしまいましょう!

グリーンハウス カセットテープ変換プレーヤー パソコン不要 USBメモリ保存 GH-CTPA-BK 3,082円

 

商品の特徴はこちらです。(販売ページより引用)

  • カセットリバース方式 : 手動
  • 対応外部メモリー : USBメモリー(~32GB)
  • 対応ファイル形式 : MP3(32kbps~320kbps)
  • 録音ファイル形式 : MP3(128kbps)
  • 録音時間(4GBの場合) : 約65時間※1分間あたり約1MB

 

 

ちなみに曲の自動分割もできるようですので大変便利です。

 

紹介しておいてアレですが、私は購入はしていません。MDが出てから、カセットテープは触る機会がなかったので・・。

 

ですので、使った感想についてはAmazonのレビューを参考にすると良いと思います。

 

音楽ではなく、昔の自宅での家族の会話などが録音されているものもあると思いますので、そういったものは(自動分割機能)を使わずにMP3にするとよいですね。

 

 

 

保存したファイルを聞く方法は?

 

こちらは簡単です。

 

保存したメディア(USBメモリなど)をパソコンに挿して再生するだけです。

 

このタイミングでパソコンにすべてのファイルを保存しておいたほうがよいでしょうね。メディアを無くしてしまう可能性がありますので。

 

また、商品名に(プレーヤー)と付いていますので、その機器単体でも再生できます。ただしイヤホンが必要みたいです。

 

 

 

カセットテープではなく、MDを同じようにMP3保存したいのだけど・・?

 

ちょっと金額は上がりますが、カセットテープもMDもMP3にするプレーヤーもあります。

 

どちらもMP3化したい場合はこの商品を使うとよいかもいしれませんね。

サンワダイレクト オーディオキャプチャー パソコン不要 アナログ音声デジタル化 SD/USBメモリ 保存 カセット/MD/レコード MP3変換 RCA/ステレオミニ外部入力 400-MEDI025 3,980円

 

この製品の特徴も引用しておきます。

  • カセットプレーヤーやMDプレーヤー、ラジオなどで再生した音楽をMP3形式に変換し、USBメモリまたはSDカードに直接録音・保存することができるオーディオキャプチャーです。RCA端子または3.5mmステレオミニプラグから出力される音声を録音・データ保存できます。そのため、iPhoneやスマホのイヤホンジャックに接続して、音声をメモリに録音することもできます。
  • 【ここがポイント★】パソコン不要!再生機器(カセットプレーヤーやCDラジカセなど)と本製品とメモリだけでMP3変換できます。パソコンなしでiPhoneにデータを入れたい場合、USB/Lightning両方のコネクタを持つメモリ「600-IPL32GAS」をご利用ください。
  • 3.5mmステレオミニジャックが搭載されているので、イヤホンで音声を確認しながら録音できます。また、スピーカーに接続すると、USBメモリまたはSDカードに録音・保存したMP3ファイルを再生することができます。
    キャプチャーした音声はデータとして保存できるので、音源の劣化や破損などの心配がなく、半永久的に保存できます。また、スマホやMP3プレーヤーなどに保存し、持ち運び、観賞することもできます。
  • 使い方かんたん4ステップ:①コンセントに挿します。②SDカードまたはUSBメモリに接続します。(※メモリは32GBまで対応)③再生機器のヘッドホン出力端子と3.5mmステレオミニケーブルまたは、RCAケーブル(別売)で接続し、機器の再生を開始します。④データ化したい箇所、キャプチャーを終了したい箇所でキャプチャーボタン、またはリモコンの録音ボタンを押します。

 

なんだかこちらの商品のほうがよさげですね。レビュー数も100超えていますし。

 

 

 

さいごに

 

まさか令和になって昭和な機器の紹介をするとは思いませんでした。

 

昔はラジカセで録音とかしていたので、録音時におかんの『ごはんだよ~』などという声が入っていたりしてなかなかおもしろいんですよね。今の世代の人が聞くと『?』という感じだとは思いますが・・。

 

 

 

今回の機器を使うとすでにお亡くなりになったあの方の声も聞けて、永久保存できるかもしれませんよ。

 

ご興味があればぜひ使ってみてくださいね!

 

それではまた次回!

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-グッズ類
-, , , , , ,

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.