文字サイズ:

知識

Chrome自体の幅を狭めずに、閲覧しているページの幅のみを縮める方法!

投稿日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ( Fukurou_Japan)です。

 

今回はあまり使っている人はいないと思われる便利技です。環境は【パソコンでChromeを使っている状態】を前提としています。

 

 

 

時々WEBページを見ていて、やけに横に字が長いページを見たことはないですか?

 

特にChromeを最大化している際によく起こると思いますが、結構文章が読みにくいですよね。

 

それを解決するには F12キー 一発でokです!

 

 

 

 

 

 

Chrome自体の幅を狭めずに、閲覧しているページの幅のみを縮める方法!

 

冒頭の文章を見て、『Chrome自体の幅を縮めればいいじゃん!』と思ったかもしれませんね。

 

それも悪くは無いのですが、複数のタブを開いているときにそれをやると、【別に横幅は縮む必要のないページまで閲覧時に縮む】というデメリットが生じてしまうんですね。

 

『では、chromeをもう一枚起動して、そこにwebページを表示させてchromeを縮めるとよいのでは?』

 

このように考える方もいらっしゃるでしょう。それもアリなのですが、今度はブラウザを切り替える手間がかかるんですよね・・・。

 

そこで、キー一発で簡単解決できる方法がこちらです。

 

 

 

F12キーで、WEBページの横幅が自由事前に変えられる!

 

ChromeでF12キーを押すと、何やらごにょごにょ書かれた小さいページが表示されます。実査に見てみましょう。

 

 

 

F12を押す前と押した後の比較です。

 

 

 

F12を押す前

 

 

F12を押した後

赤の四角で囲んだ位置になにか文字がゴニョゴニョ出ていますね。

 

そして、その左側の部分(矢印で指しているところ)の幅を広げれば、ページ全体が縮むというわけです。

 

縮めるとこうなります。

 

WEBページ自体が縮まって、文字がいい感じに改行されていますね。

 

このようにすると、横に文字が長いページも読みやすくなります。

 

今回F12キーで出現した右側のごにょごにょの部分は、もう一度F12キーを押せばきえてくれます。

 

注意点としては、WEBサイトの作りにより、今回のやり方を使ってページを縮めても、文字がいい感じに開業せず、縮めたところにそのまま隠れてしまう場合があるということです。

 

これは作りがそうなっているので、諦めていただくか、文字だけをコピーしてメモ帳などに貼って読むなどの方法をとるしかないですね。

 

ということで、超簡単なページの縮め方でした!

 

 

 

さいごに

 

今回ご紹介しましたF12キーで表示されるゴニョゴニョした画面は『デベロッパーツール』と言いまして、高性能な開発者向けツールです。

 

ここをちょこちょこっといじったりすると、取引所の自動売買やWEBページを勝手に動かす、などのことができてしまいます。

 

とは言っても簡単ではないので、ぷち知識として知っておく程度で良いでしょう。

 

今回は以上です。

 

それではまた次回!

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-知識
-, , , , ,

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.