文字サイズ:

格安SIM

iPhoneSEでeSIM設定をしてみた!iijmioなら低予算でeSIM契約可能!

投稿日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ( Fukurou_Japan)です。

 

最近(eSIM)の契約をしたので、注意点や感想を述べていきます。

 

『eSIMに興味があるけど、設定などはどうするの?』 などのような疑問をお持ちの方の参考になるはずです。

 

 

 

 

 

 

iPhoneSEでeSIM設定をしてみた!iijmioなら低予算でeSIM契約可能!

 

そもそもeSIMというのは何? と思われているアナタ。

 

簡単に説明すると、【物理的なSIMカードではないSIM】とご理解ください。

 

スマホ自体に(eSIM)機能があれば、物理的に何も挿さずに契約ができる、というスグレモノです。

 

eSIMサービスを提供している会社も少ない上に、対応端末もそれほど多くはありません。

 

ただ今後は、急速に対応端末・提供会社が増えていき、数年後には現在のような(物理的なSIM)は無くなると思います。

 

 

 

eSIM提供会社とサービス名の例:

iijmio eSIMサービス データプランゼロ

楽天モバイル UN-LIMIT

※iijmioは(アイアイジェイミオ)と読みます。

 

eSIM対応機種の例:

iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 
iPhone 11 Pro 
iPhone 11 Pro MAX 
iPhone XS 
iPhone XS Max 
iPhone XR 
Google Pixel 4
Google Pixel 4 XL

上記機種名は楽天モバイルのページより引用しています。

 

 

 

設定した端末と契約したサービス

 

今回しようした使用端末はiPhoneSE(第二世代)、契約は(iijmioのデータプランゼロ)です。

 

iijmioは契約したあと、すぐに契約完了&設定についてのメールが届き、15分ほどの設定ですぐに使用することが可能です。非常に便利ですね!

 

楽天モバイルの場合は、eSIMであるにも関わらず、物理的なもの(QRコード)が自宅に送付されて来るようです。それを読み取ってeSIM設定・・。なんだかアナログだかデジタルだかよくわからん状態ですね。

 

 

 

iijmioは基本の月額が150円、データを1ギガ購入ごとに450円が必要になります。

 

ただ、必要なときだけ買えばよいので、何も購入していなければ月額は150円で運用できることになります。

 

通常は初期費用3000円がかかりますが、2020年10月31日までは、1円になっていますので、試してみたい方は今のうちに契約するとよいですね。

初期費用1円で【iijmio eSIMサービス データプランゼロ】登録する

 

 

契約時の注意点

 

注意点はこちらです。

・データを購入して余っても次月に繰り越すことはできない

・最低利用月(2ヶ月)が設定されている。なので、契約月とその次の月は無条件にお金がかかる

・一度eSIMの設定をしたあとで、別の端末に同じプロファイルを設定する際には、iijmioのマイページより、プロファイル変更の処理を行わなければならない。その際に200円費用が発生する

参考:iijmio eSIMを利用中の端末を機種変更する場合どうしたらいいですか?

・20年10月31日までは初期費用1円だが、それ以降は3000円になる

・電話番号は付与されるが、SMSや音声通話はできない

 

 

設定中、設定後の感想

 

設定方法はiijmio公式のサイトを見るのも良いですが、他の方の書いたブログ記事もわかりやすいので、お好きな方で設定すると良いと思います。

外部サイト:iPhoneにIIJmioのeSIMを設定する方法

上記サイトのとおりに行えば簡単に設定できるはずです。

 

スマホ2台、もしくはパソコンとスマホがあったほうがQRコードの読み込みの関係で便利かもしれません。

 

(1台しかスマホがないけどQRコードを読み込みたい・・)といった場合は以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

今回の私の環境では、主回線:au、副回線:iijmioとなっています。

 

電話やSMSは主回線で、データ通信は副回線、このように設定しました。

 

 

 

設定は簡単です。APN設定完了後に以下のように行ってください。

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信 この画面で副回線のほうを選ぶだけ

これで【電話やSMSは主回線で、データ通信は副回線】が実現できます。

 

主回線のデータが毎月1ギガしか使えないプランであったとしても、足りなくなった場合にはeSIMでデータを追加購入して補う・・ということもできます。

 

iijmioのデータは1ギガ購入しても450円なので、他のキャリアに比べるとかなり安いです。

 

『基本的には自宅でWifi接続しているけど、たまに外で通信をする・・』というのであれば、今回の内容と設定はピッタリだと思います。

 

 

その他の感想としては、(最初から実際に使う端末で設定すればよかった!)という点。

 

実は今回設定したiPhoneはメイン機ではないのです。ちょいとテストしたいだけだったので、サブ機で設定してしまったのです。

 

設定した後に、(別の端末に同じeSIMの設定を反映させるには200円が必要!)と知ったわけです。

 

まぁ、このようなことをする人は多くないとは思いますが、アナタがサブ機などを持っているようでしたら、そちらには設定せず、きちんとメイン機に最初から設定するようにしてくださいね。

 

もちろん、(200円なんか屁でもないぜ!)という男らしいアナタなら、サブ機への設定でもモウマンタイのメイウェンティです。

 

 

回線のスピードについては、fast.comで計測したところ、6メガ程度でした。

 

主回線のauでも10メガぐらいしかでないので、こんなものなのかもしれませんが、メインのデータ通信として使うのはちょいときついな・・と感じましたね。

 

最後に参考として、楽天モバイルのiPhoneのeSIM設定のリンクも紹介しておきます。

iPhoneに楽天モバイルUN-LIMITのeSIMを設定する方法

 

 

 

さいごに

 

設定自体は難しくはないですが、使用する意図をはっきりさせないと無駄な契約をしてしまうことになりそうです。

 

ただ、初期費用は1円ですし、月額も安いので(eSIMって何?興味ある!)というのであれば、ちょっとしたおもちゃ感覚で契約してみるのはよろしいかと思います。

 

その際には(自分の端末がeSIMに対応しているか)をきちんと確認してから契約してみてくださいね!

 

iijmioでeSIMサービを契約する!

 

 

それではまた次回!

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-格安SIM

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.