文字サイズ:

格安SIM

【格安SIM】契約や3大キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)から乗り換え時の注意点!オススメはビッグローブモバイル!

更新日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ( Fukurou_Japan)です。

 

今回は3大キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)から格安SIMへの乗り換えを検討している方へ向けての内容となっています。

 

乗り換え先は(ビッグローブモバイル)を前提として書いていますが、他の格安SIMへ乗り換える際にも考え方はほぼ同じですので参考になると思います。

 

大手キャリアだと7000円も月額がかかっていたものが、1700円程度で済む可能性があります。

 

これだけ見ると『めっちゃお得! 今すぐ乗り換えよう!』という気になるかもしれませんが、注意点が多数ありますのでそれらをご理解いただいた上で契約をしたほうが良いでしょう。

 

 

 

目次

 

 

 

格安SIMの会社(サービス)の種類

 

注意点を話す前に、そもそも格安SIMの会社自体をあまり知らない方も多いと思いますので、代表的なものを挙げておきます。

 

・BIGLOBEモバイル

・OCN モバイル ONE
・IIJmio
・LINEモバイル
・楽天モバイル
・mineo
・イオンモバイル
・b-mobile

※他にも多くあります。

 

Y!mobileUQ mobile』が無いのでは? と思ったかもしれませんが、この2つは格安SIMと3大キャリアの間ぐらいの位置づけですので、今回は外しておきます。

 

が、Y!mobile・UQ mobileも格安SIMより少し高いとは言え、キャンペーンを頻繁に行っていますので、場合によっては検討されても良いかもしれません。

 

 

 

【格安SIM】契約や3大キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)から乗り換え時の注意点!

 

月額が安いのなら、すぐに変えてしまおう! と考えるのが人情ですが、格安SIMはそれなりに注意点や面倒なことが多かったりします。

 

その点を理解せずに即行動してしまうと、残念な事になってしまいますので、ある程度理解をされた上で契約をするようにしてくださいね。

 

※一部の注意点の下部にメリットを書いていますので、そちらも参考にしてください。

 

それでは注意点を順に見ていきましょう。

 

 

 

注意点1:過去のキャリアメールが見れなくなる

これは最大の注意点と言えるかもしれません。

私は一度やらかしてしましました!

 

キャリアメールとは、@softbank.jpとか @docomo.ne.jp などのメールです。

 

乗り換え(MNP)などをした瞬間、すぐに使えなくなります。

 

ですので、大事なメールがある場合にはバックアップする必要があります。バックアップの方法は色々ありますが、最も確実なのは

(PCのメールソフト内にキャリアメールの設定をし、その内容をローカルにバックアップする)

という方法です。

 

サンダーバードというメールソフトを使ったやり方が以下に書かれていますので参考にしてください。

外部サイト:格安SIMへのMNPの前に!キャリアメールの保存方法

 

受信メールも送信メールも全部見れなくなりますので、仕事などで使用している方は十分に注意してくださいね!

 

 

 

事前対策としては

(キャリアメールで登録しているサービスやサイトなどはすべてgmail等のフリーメールに変更しておく)

こちらになるでしょうね。

 

それさえおこなっておけば、もし過去のメールが見れなくなってもダメージは少ないと思います。

 

ログインのアドレスがキャリアメールのまま、キャリアメールが見れなくなると、そのサービスに永遠にログインできなくなる可能性があるので十分注意しましょう。

 

 

 

注意点2:店舗で契約できないことがある

こちらはわかりやすいですね。そのままです。

 

最近は増えてきてはいますが、格安SIMの会社では店舗が無い場合があります。

 

その場合、WEBからの申込みが必要となりますが、PCでの操作があまり得意得ない方の場合はそれが結構なハードルになってしまうことがあります。

 

メリット:店舗契約だと契約が1時間程度でおわります。また、SIMカードの設定などを行ってくれるので、ほぼ何もせずにすぐに格安SIMが使えるようになります。

 

 

注意点3:3大キャリアよりは通信品質は低い

格安SIMは大手キャリアより、品質は落ちます。とは言え、体感レベルではほとんどわかりません。

 

通信品質に不安がある場合にはナイスな対策があります。

1 ビッグローブモバイルの店頭で、スマホ料金が5千円程度でのものを購入。この場合、

・初期費用1円

・当月月額無料

・翌月遺構ヶ月500円

というかなり安い金額で契約が可能なので、一度それを契約し、もし問題ないことを確認できたら、実際に自分のスマホを乗り換え(MNP)すれば良いでしょう。

もちろんWEB上での契約でもOKです。

 

 

 

例を挙げてみます

・現在iPhoneXをソフトバンクで所有中

ビッグローブモバイルで新規契約する

・6ヶ月は月額500円なので、その間に通信品質を確認

・問題ないならソフトバンクで乗り換え(MNP)番号を発行し、ビッグローブモバイルに乗り換え処理をする。その際、面倒なので以前に契約したビッグローブモバイルと紐付けは行わない

・きちんとMNPが完了したことを確認

・以前に契約したビッグローブモバイルを解約

 

こんな感じですね。

 

ただし、いくら通信の確認をしたいからといって、ここまでやるのは正直面倒すぎるので、住んでいるところが東京・神奈川等の明らかに電波が通りそおうな場所にお住まいなら、上記のような作業は行わなくても良いかと思います。

 

 

 

注意点4:WEB上で契約すると、実際に使えるようになるまで一週間程度かかる

ネットでの契約の場合、以下の流れになります。

・WEB上で契約を申請&本人確認書類アップロード

・数日後にSIMカード(もしくはSIMカードとスマホ)が届く

・自分でAPN設定(回線接続手続き)を(専用アプリor手動で)行う

・使用できるようになる

※回線切替の時間は1時間も無いので、通信が長時間切れてしまう心配はしなくてもよい

 

このように結構待ち時間が発生してしまいます。ですので急ぐ場合は店舗で当日契約したほうが良いでしょう。

 

注意点5:契約回線に合ったスマホの用意が必要(SIMフリー機の場合は問題なし)

3大キャリアのスマホは(SIMロック)というものがかかっており、他の会社のSIMを挿しても使えないようになっています。

 

それを知らずに格安SIMに変更すると悲劇が起こることがあります。

 

悲劇の例(店頭を例としているが、WEB契約でも同様):

・変更元の回線はソフトバンク

・ビッグローブモバイルの(au回線)の契約を検討

・スマホはソフトバンクで使用していたものをそのまま使用予定

・ソフトバンクで乗り換え(MNP)の処理を行った

・ビッグローブモバイルの店舗(ヨドバシカメラ等にある)にて、乗り換えを依頼

・『今回の契約はau回線なので、お持ちのスマホは使用できません』と言われる

・ビッグローブは契約不可

 

こんな感じですね。上記のような状況を防ぐには以下の方法をおこなってください。

方法1:乗り換え前に(SIMロック解除)をWEB上で行う。

※ただし、スマホの支払いが終わっていないなどの理由で(SIMロック解除)ができないこともあるので注意

 

方法2:格安SIMの会社で契約時にスマホもセットで購入する

この方法なら間違いなく契約できます。

 

 

 

注意点6:WEB上で展開しているキャンペーンと店頭でのキャンペーンは別物

これは結構な盲点になりえます。

WEB上でキャンペーンを見て、意気揚々と店舗に向かったら、全く割引されなかった・・・ということが起こりえます。

 

このようなことを避けるためには、WEB上でキャンペーンを発見したら、店舗に行く前に店舗に電話確認をしてみましょう。

 

全く同じキャンペーンはやっていないと思いますが、WEBのキャンペーンに準ずるようなものを行っている場合があります。をれを聞いて納得が行くなら店頭契約しても良いと思います。同じビッグローブモバイルでも店舗によってキャンペーンが違いっている可能性がある点も注意しましょう。

 

 

注意点7:WEB上のキャンペーンがややこしすぎて意味不明

各社がいろいろなキャンペーンを出していますが、内容は非常にややこしいことが多いです。

 

そのような場合、直接電話をかけて詳細を尋ねるとよいでしょう。

 

尋ねる際には、『結局、最初にいくらかかり、月額いくらかかるの?』これをズバリ回答いただくとよいですね。

 

ただし、担当者が電話に出るまでに非常に時間がかかるので、余裕を持って電話するようにしましょう。会社によっては(電話対応はしない)場合もあるので、そのようなところは酒が方が無難です。

 

 

 

注意点8:店頭で修理の受付や操作方法を尋ねることは不可と思っていたほうが良い

キャリアの店頭でしたら、いろいろ教えてくれるかもしれませんが、格安SIMの店頭では基本的にそういうことは行わないと思っておいたほうが良いです。

 

親切な店員さんは教えてくれるかもしれませんが、基本的には店頭は(販売オンリー)なはずなので、大手キャリアのように(何かあったらショップへ!)ということはできないものだと思っていたほうがよいですね。

 

 

 

注意点9:現在、電話かけ放題や容量の大きいプランを使っている場合は格安SIMにすることにより、(使いすぎ)が発生する可能性がある

 

格安SIMでも電話かけ放題のサービスを提供しているところはあります。

例:iijmio楽天モバイルなど

ただし、月額は2500~3000円程度になると思いますので、此の点は理解しておく必要があります。

 

 

 

電話かけ放題にはせずに、電話料金を節約したい場合は(LINEout)を使用することをオススメします。私も主にこちらを使用しています。

 

LINEoutは、LINEが提供しているサービスで、かなり安い通話料金で電話をかけることが可能です。どの格安SIMに変更しても、LINEのIDが同じでしたら、同じように使えるので非常に便利です。

 

LINEoutの使い方はこちらのサイトで確認できます。使用を検討す際に参考にしてください。

外部サイト:LINE Out(ラインアウト)の使い方 全まとめ──料金からチャージ方法、番号通知まで

 

次は通信量についてです。格安SIMでも容量が大きいプランもありますが、ものすごく多くの容量を使うのでなければ3ギガ程度のプランで十分だと思います。

 

有料のオプションとなりますが、ビッグローブモバイルではYoutube等の一部アプリの通信量が無宣言になるプランもありますので、こちら検討してみてもよいかもしれません。

 

また、外出している際にはauWIFIやdWifiが無料で使えますので、こちらを設定してみても良いでしょう。

auWifi →スマホのみWIFI無料。au契約は不要だがauIDを作る必要がある

dWifi →パソコンでもスマホでも無料。ドコモ契約は不要だが、dアカウントを作る必要がある

カフェやコンビニ等色々な場所で使用できます。

 

0000docomoやaf-wifi2などがそれですね。

 

カフェなどはセキュリティのかかっていない無料のWifiを提供しているところもありますが、それは危ないのでぜひ上記2つのいずれかを使用することをオススメします。

 

 

 

注意点10:WEB申込みの場合はキャッシュバックが現金ではなくポイントの場合が多い

日本円がキャッシュバックされると良いのですが、そうではない事が多いです。

 

ビッグローブモバイルを例に上げると、契約時のポイントバックは(Gポイント)というもので付与されます。

 

契約した翌月に付与されるという遅さに加え、(Gポイント)を受け取るための申請も必要です。(非常に簡単です)

 

Gポイントは、Amazonギフト券やLINEポイントなど有名どころに変換が可能です。可能であるとは言え、その作業を自分でやるのは面倒ではありますね・・。

 

Gポイントを受け取れるようにしておかないと、ポインバックが受けられません。ビッグローブモバイルの場合はこのような感じですが、他の格安SIMでも似たような内容は多いと思います。

 

上記を踏まえ、WEBサイトに載っている(実質20000円割引)などの文字には踊らされないようにしましょう。

 

特にこの(実質)という文字は曲者ですので要注意です。

 

 

 

注意点11:一括でスマホ代金を支払えないことがある

あまり高くない金額のものならすぐに代金を支払いたい、と考えますよね。

 

ですが、これができない場合があります。

 

ビッグローブモバイルの例ですと、

・最初は分割の処理で決済をする

・契約が完了した後に、自分でインフォメーションデスクに連絡して(一括で支払いたい旨を伝える)

・一括で支払うことができた

このようなことが可能です。

 

ただし、ビッグローブモバイル以外の場合はどうなるかは不明ですので、あなたが契約を検討している会社に事前に尋ねてみてくださいね。

 

 

 

注意点については以上です。

 

非常に多いですよね。これらがよくわからず契約しない方も多いと思います。その気持は非常にわかります。

実際に自分でやってみても、何度か(面倒くさ~~~)と思いましたから。でもそれらを乗り越えるとなかなか甘い果実があったりするのです笑。

 

 

 

ビッグローブモバイルについて1:店頭とWEBの比較(20/9/27時点)

次は私が推しているビッグローブモバイルについてのお話です。

 

ビッグローブモバイルの場合は、WEBでも店舗でもキャンペーンをやっています。

WEBの場合はキャンペーンは一律ですが、店頭の場合は、さきほども書きましたが、ショップによって内容が変わる可能性があります。

 

【WEB上でのキャンペーン】

現在ですと、iPhoneSEの64ギガが18000円引き(Gポイントバック)

で購入できます。ただし初期費用は3000円かかります。

iPhoneSE 46,200円から18,000円引き=実質28,200円

その他の機種も割引している機種がが多数あります。

 

 

【店頭でのキャンペーン】

ビッグローブモバイルのショップはヨドバシカメラなどの家電量販店にあることが多いです。

ビッグローブモバイル店舗一覧

 

東京の某ヨドバシカメラに確認したところ、以下の回答を得ることができました。

・iPhoneSE 64ギガ:46,200円から11,000円引き=実質35,200円

・初期費用:1円

・SIM準備費用:430円

 

店頭のほうが割引率としては低いですが、以下のようなメリット

があります。

・初期費用3000が1円

・すぐに開通できる

・Gポイントバックではなく、実際に割引した金額で購入できる

 

WEBで入力して、SIMが届いて、自分で設定してうんちゃらかんちゃら・・とやるよりは店頭でさっさと済ませるほうがよいかもしれません。

 

特にこういった契約に頭を使いたくない人には店頭を強くおすすめします。

 

私はいろいろと格安SIMを比較検討しましたが、少なくともビッグローブモバイルにおいては【店頭のほうが楽】とであると感じました。

 

店頭での割引率は各店舗違いがあるので、必ず事前に電話確認をし、納得してからショップに行くようにしましょう。

 

タップしてビッグローブモバイルを契約する!

 

ビッグローブモバイルについて2:現在、月額が500円~というお得なキャンペーンを実施中!

 

ビッグローブモバイルは実際私も契約して使っており非常に満足しています。

 

メリットは以下です。

・キャンペーンが多い

・iPhoneSEの取扱あり(9/18より)

・契約月月額無料

・契約月翌月から半年間、月額を900円引き

・端末セットでWEBで購入すると18000円~20000円割引を受けることが可能。(iPhoneSE 64Gは18000円引き)
→私の場合は、MNP完了後一週間ほどでGポイントが付与されました。Amazonギフト券と交換しました。
が、交換する際に5%の手数料を取られたので、Amazonギフト券などの他のサービスに交換するより(毎月の支払いと端末代金)をGポイント払いにするほうがよいかもしれません。

 

・電話で契約することも可能(あまりオススメはしない)

・電話対応は丁寧(電話につながるまでの時間は長め)

 

ビッグローブモバイルで契約したい! と思った方はこちらからどうぞ!

タップしてビッグローブモバイルを契約する!

 

アンドロイドがほしいアナタへ

今回はiPhoneSEの話ばかりしていますが、アンドロイドで安くて良いものがほしいのでしたら、

・OPPO Reno3A(おサイフケータイあり)

・xiaomi RedmiNotes S9(おサイフケータイ無し)

あたりが良いと思います。S9はめっちゃ良いのですが、おサイフケータイがないのが致命的ですね。『オサイフケータイなど使用しない!』という方ならS9をオススメします。

私もS9のスペックが高いほうを持っていますが、なかなかイケてますよ!

タップしてビッグローブモバイルを契約する!

 

 

参考:ビッグローブモバイル問い合わせ番号

・ビッグローブ入会窓口
0120-17-0962

・ビッグローブインフォメーションデスク
スマホから:03-6385-0962
固定電話から:0120-86-0962

・ビッグローブ音声オプション専用窓口
0120-985-309
1番→運転免許証の相違などがあった場合に選択
2番→MNPを早く完了させたい場合に選択(通常は2日ほどかかるとのこと)
※2番に電話をかけたあと、30分ほど経過したらスマホを再起動するとMNPが完了すると思います。画面の上部に(BIGLOBE)と表示されていれば正常に完了しています。

 

 

 

スマホ価格は3大キャリア、格安SIMで結構な違いがあることを理解しよう

随時金額が変わっていくので、こちらでは載せませんが、スマホの価格は同じスペックのものでもキャリアで買う場合と、格安SIMで買う場合は価格が違うことが多いです。

 

iPhoneSE 64Gですと、高いところで5.5万、安いところですと4.6万程度です。同じものなのになんで? と思いますよね。でもこれが実際なのです。

 

なので、同じ2万円引きであったとしても支払う価格は結構違ってきます。この点を理解しておきましょう。

 

 

 

初期費用を安く済ませる方法!

通常はだいたいどの会社でも3300円かかります。

が、安くする方法もあります。

 

1 キャンペーンで0円や1円になっていることがある

WEB限定や、店舗限定等、いろいろなパターンがあります。

 

 

 

2 エントリーパッケージをAmazon等で購入して契約時に適用させる

エントリーパッケージとは、初期費用が安くなるものです。

ダウンロードできるものもあれば、実際にモノが配達されるパターンもあります。

最近はダウンロードするタイプが増えているようです。

 

【契約したい会社 エントリーパッケージ】というキーワードで検索すると見つかると思います。

 

 

 

3 スマホ関連の記事を書いているブロガーがクーポンコードを提示していることがある

例えばこちら。

外部サイト:コードで初期費用を完全無料にする方法 - インターネット・格安SIMのソルディ

この方の記事のリンクからビッグローブモバイルに申し込み、クーポンコードを入れると初期費用が0円になるようです。

 

 

 

こちらに該当する方は格安SIMはやめたほうがよいかも?

・なにかあればすぐショップに行く

・電波状況が常に良いことを望む

・スマホ契約関係でオツムを使いたくない

・契約やスマホ本体の比較検討をやりたくない

 

格安SIMに変えたところで、月額が数千円減少する程度です。そこに労力を使うより、その時間を別のことに費やして稼げるようなら、このような節約はする必要はないと思います。

 

 

 

疑問点を解消

※随時追加していきます。

 

Q1 格安SIMの回線は独自のものを使っているの?

A 多くの会社はソフトバンク・au・ドコモの回線を使用しています。楽天モバイルのように独自回線を使っている場合もあります。

 

Q2 MNP番号は15日の期限があるけど、その期限内ならいつ変更を申し込んでもいいの?

A 店頭で乗り換えする場合は1日でも残っていれば大丈夫だと思いますが、WEBでの申請だと(12日間は残っていないとだめ)などの条件がある場合があります。必ず契約を検討している会社に事前に確認しましょう。

 

 

 

さいごに

 

格安SIMについては書きたいことがありすぎて、長文になるので、また次回別の視点からのお話もしたいと思います。

 

結論としては【格安SIMは万人向けではない】ということが言えると思います。それでも金額的なメリットはかなり大きいので、チャレンジしてみたい方はぜひどうぞ! 一度変更してみると『なんだ余裕じゃん』という風に感じるはずです。

 

タップしてビッグローブモバイルを契約する!

 

それではまた次回!

 

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-格安SIM

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.