文字サイズ:

知識

【Google日本語】文字変換時に不要なもが出てイライラ!解決方法はコレ!

投稿日:





★人生100年時代を生き抜くための情報をLINE@でお届けします!
 ご質問があればお気軽にメッセージを送ってくださいね!

友だち追加







過去の記事一覧は
こちらからどうぞ!



 

フクロウ( Fukurou_Japan)です。

今日は文字変換時のイライラ対策についてお伝えします。

 

例えば私のパソコンだと ごしょうかい と入力すると、

ご商會 と表示されます。イラっ!

 

こんな字、一生使わないですよね?

 

このような変換を候補を非表示にする方法です。

 

 

 

 

 

 

【Google日本語】文字変換時に不要なもが出てイライラ!解決方法はコレ!

 

今回は【Google日本語】を使用している前提でお話します。

 

Windowsですと最初からインストールされている【マイクロソフトIME】を使っている方が多いと思いますが、Google日本語のほうが使い勝手が良いので私はこちらを使っています。

 

 

Google日本語をインストール

 

 

 

ではさっそく設定方法を説明します。

 

今回は ごしょうかい という文字を変換すると出てくる ご哨戒 という変換候補を非表示にしてみます。

 

 

画面右下のスパナアイコンを左クリックし、単語を登録 をクリック

 

 

単語→非表示にさせたい文字を入力、

よみ→読み方を入力、

品詞→ 抑制単語 を選択 → okをクリック

 

 

ご哨戒 という変な変換が消えた!

 

 

操作は以上です。簡単ですね。ただ、ほかにも ご詳解とか誤紹介とかありますね・・。こういったものも抑制単語にしたほうがよいかもしれませんね。

 

 

 

さいごに

 

超簡単な操作ですが、わからないとイライラMAXになるので紹介してみました。

 

変換でイライラする単語というのはほぼ決まっていると思いますので、イライラする機会の多い単語から一つずつ抑制単語にしていくと良いかもしれませんね。

 

マイクロソフトIMEの非表示方法はこちらを御覧ください。

外部サイト:Windows 10の予測変換で、不要な候補を消して入力しやすくする方法

 

それではまた次回!

 

 

1つ星 (←いいねをタップしてね!)
読み込み中...

-知識
-, , , , , ,

Copyright© フクロウ情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.